日本人の美徳


 

テニスの4大大会の一つ全米オープンで

大坂なおみ選手が、優勝しました。

 

数年前に彗星のごとく現れた大坂選手の

パワーテニスと身に纏うオーラを見れば、

いずれ女王に就くであろうことは

本気でテニスをしていた人間であれば

誰でも想像が出来ると思うのですが、

まさかこんなに早くとは、、驚きです。

 

この5年間、錦織選手のグランドスラム

制覇を夢見続けてきたのですが、

やっぱり女性の時代なんですかね、、、

これからも勝手に応援し続けますので、

絶対後に続いて勝ち取って欲しいです。

強く願っています。

 

大坂選手が優勝したことは言うまでもなく

めちゃくちゃ嬉しかったのですが、

試合後の大阪選手の立ち振る舞いを見て

今年一番心を揺さぶられました。

 

今朝の決勝戦の内容、起こったことは

色々ネットニュースで流れてますので

ここでは書きませんが、

 

大観衆の大ブーイングを耐え忍ぶ姿、

試合終了後すぐにセリーナにお辞儀を

しながら感謝を述べる姿、

優勝スピーチで、何も悪くないのに

またもや頭を下げて観客に謝罪をする姿、

大好きなセリーナを思いやり、何も

気付かなかった振りをするコメント、

 

それらに触れて、涙が溢れてきました。

 

礼儀、忍耐、謙虚、思いやり、機転、

全てが今は失われつつある日本人の美徳

と言われてきたことばかりじゃないかと。

 

3歳からアメリカに移住し、日本の環境や

文化に長く接していない、わずか20歳の

女の子に、こんなにも気付かされることが

あるのかと気恥ずかしく思います。

 

日本人らしさって何なんやろ?

時代の価値観とかいう安っぽい言葉で

片付けて見ないふりしていっていいのか。

 

僕は自分を見直すいい機会として、

これからの生き方に何か少しでも

活かしていきたいと思えました。

 

未来の日本を創り、背負っていく

ミレニアル世代と呼ばれる若者たちも

何か感じ取ってくれたらいいなあと。

 

もう一つ、声を大にして言いたいことが。

 

大坂選手は、幼少期からアメリカ在住で、

日本とアメリカの両国籍を持っています。

日本語も上手くしゃべれませんし、

お父さんはハイチ系アメリカ人です。

にも関わらず、テニスでは日本国籍を選択

してくれているのです。

(もちろんビジネス上の理由も大きいとは思います)

 

なのに、

錦織選手が全米の決勝に進出した時には

発行された新聞の号外は出ないのか、

総理官邸からは何のコメントもないのか、

今日が日曜であること、また北海道地震

への配慮を考えても、明日も何もないので

あれば強い憤りを感じます。

 

競技人口や関心の度合いが違うとはいえ、

サッカーW杯で日本が優勝するくらいの

とんでもない出来事で、日本人に

大きな元気をくれるニュースですよ。

まあ、テニス贔屓が相当入っていること

は認めますが。

 

ビジネス絡みだけで騒ぐのではなく

もっと本質的なところで、国やマスコミは

サポートしてほしいです。

これもグローバリゼーションの一つでしょう。

 

大坂選手はあと2年以内にどちらかの国籍を

選択することになるのですが、

「日本の大坂なおみ」じゃなくなって

しまわないか心配です。

 

久しぶりのブログで長々と書きましたが

とにかく、大坂選手、多くの感動と気付き

をありがとうございました。

 

会社も9月から下期がスタートしています。

なおみエキスプレス(修造語)のように

僕たちも負けずに突っ走ります!

 

 


ありそうでないもの


 

「ありそうでないもの」という言葉を

よく使っている気がします。

 

そういうのを生み出すのが楽しいですし、

マーケティング的な視点で捉えても

間違ってないアプローチだとは思います。

 

ただ「なさそうなもの」を基点にする

ものづくりは難しい。

それは単に珍しいものや世にないものを

生み出したいという、つくり手の自己願望

だけが拠り所となってしまうからです。

結果、受け入れられないんですよね。

 

「ありそうであるもの」でも、

「なさそうなもの」でもなく、

「ありそうでないもの」

世に送り出し続けることが出来たら

いいなあと日々考えています。

 

 

 


文字(文章)を信じすぎない。


 

人の書いているSNSやブログを読むと、

あれっと意外に思うことが多い。

見知っている人物像そのままの印象と

異なる心象を感じるからです。

 

月一回社員が自由に書き綴る、社内だけに

クローズされたコラムコーナーがあるが、

途中まで読み進めていっても誰なのか

分からず、最後に名前を見て

「えっ、そうなんや」と腑に落ちるような

落ちないような感覚を抱くことも多い。

 

たぶん文字(文章)は、人を形成する様々な

要素のある一部分だけが、かなり深堀りで

表現され伝わる傾向にある気がする。

 

SNSなどで極端だったり、過激な意見が

多くなるのもそういうことだと思う。

 

なので、僕は生身の印象を信じることに

決めている。相反するものも含め様々な

感情やそれを生み出す要素が複雑に

絡み合って出来上がっているのが、

人間の本質でしょう。

 

でも文字を通じて、見えなかった部分を

感じられるのはいいことだと。その人

の一部であることは間違いないので。

 

いくらブログで立派?なことを書いて

みても、本当の僕はそんな人間です。

 

 

 


ゑびすさん


 

毎年恒例のゑびすさん詣り。

 

一年が早いとか遅いとかよく言われても

普段あまり感じることなく、

「どっちでもないなぁ」と思っているくち

なのですが、今回はなぜか

「もうゑびすさんか、一年早いわ」という

言葉が思わず口に出てしまいました。

 

誕生日や大晦日・正月にも感じたことが

ない、一年が早いというこの感覚。

 

そう言えば去年は、スーベの若手社員たち

と行って、金額をあまり気にすることなく

福笹にお飾りをたくさん付けたのでした。

 

スーベが立ち上がった頃は、お詣りに

いっても、贅沢はできないからお飾りは

3個くらいで我慢しとこうか、などと

切ないことを言ってたのを思い出します。

 

たぶん一年が早いと思うのは、去年の

ゑびすさんの嬉しいというか、開放された

というかの記憶が、鮮明に残っていたから

なのではないかと。

 

小さなことですが、こういう気持ちや感覚

って、案外記憶に残るものです。

 

今年は末広がりの「8」個のお飾りを付け

商材繁盛を祈願してきました。


 

 

 


秋のイベントを終えて


 

スーベ設立5周年にして初めての社員旅行

10月末に北海道へ行ってきました。

※詳しくはスーベのブログで。


 

30人以上の団体行動はなかなかのもの

でしたが、みんな楽しんでくれて

よかったです。次回は店舗スタッフも

合わせ規模を拡大して行けたらなあ

と考えています。

 

 

そして本日、毎年恒例の洛趣会を終え、

(ご来場ありがとうございました)


 

これで年内のイベントは終了です。

 

そして気持ちを来年に向かわせます。

特にスーベは、来春にスタートさせる

複数の新しいプロジェクトにとって

年内が非常に重要な期間になります。

 

設立時とは違って人数と機動力も増え、

立ち上げて形にするだけなら、

それほど無理をせずとも何とかなる組織

ではあります。

 

でもそこに甘んじて、何となくやってる感

に慣れると、妥協や綻びに気付くことも

なく、平凡な結果に終わってしまいます。

 

もう一段階「かんばりレベル」を上げて

来年に望みましょう。

 

 

 


意外と盲点


 

先日、経営企画部に異動になった入社

2年目の社員に、何をやってみたいかを

尋ねたところ、社員が働きやすい環境

づくりを進めたいといった内容の返答

でした。

 

性格の悪い僕がいうのもなんですが、

うちは心根の優しい人間が多いので、

うちらしい答えでいいなぁと思う反面、

ちょっと気になることもあったので

本人に伝えました。

 

そして、会社をよくしよう。

を忘れないようにな、と。

 

これに思いを巡らせながらの判断や

取り組みなのか、ぽろっと抜けて

しまっているのかで、結果が変わる

経験を何度かしています。

 

当たり前なのですが意外と盲点なので、

何かを決めるときには、一度振り返って

様々な角度から考えてみましょう。

 

 

 


祇園祭、夏本番からのいろいろ


 

我らがホームタウン京都では、今週末から

祇園祭が本番です。しかも今年は3連休

ドンピシャで、多くの人出が予想され、

嬉しいかぎり。

 

そして祇園祭が終わり、8月になると

スーベニールが設立5歳を迎えます。

僕は「5」という数字が好きで、携帯番号

も車のナンバーも「5」を多用してます。

 

だから5歳の1年間は特別な年にしたい。

という思いで、いろいろやりますよー。

今のスーベニールの枠だけにとどまらない

いろんなことを。

 

そのためには、もっと仲間を増やしたい。

 

ウチにはこんなに楽しいことが山ほど

転がっているのに、もっと多くの人に

知ってもらわないと、もったいなすぎる

と、厚かましくも本気で思ってます。

 

どうすれば労働潜在市場に対して

効果的に伝えていけるのか、これも

試してみたいことがいくつかあるので、

特別な1年にやるべきことかなと。

 

取り急ぎ、このブログを読んだ方で、

悶々とした毎日を送りながら、

やる気と知恵を持て余している人は

ぜひ気軽にご一報ください。

 

info@kyoto-souvenir.co.jp

 

 

あと、先月43歳になりました。

老眼が出始め老いは否めませんが

毎日仕事が楽しいことは何も変わらず

まだまだ突っ走ります!

 

 


時代の価値観に逆行しても伝えていきたいこと


 

僕はそれほど合理的な人間ではない。

 

本質を捉えようとか、出来るだけ効率よく

物事を運ぼうとかの努力はするが、

未だにSNSより電話の方が安心するし、

とことん切り詰めるより多少の無駄が

ないと息苦しいし、なんだかんだで
情に流されることも多い気がする。

 

近年より合理的でないと一流にはなれない

という風潮がどんどん蔓延しているし、

時代は間違いなくそちらに向かっている。

 

それもしょうがないかと受け入れようと

した時期もあるけど、無駄と理不尽だらけ

だからこそ可愛げのある息子たちが、将来

心ない合理性を追求することに必死になる

世の中を想像するとやりきれなくなるので

受け入れるのをやめにした。

 

じゃあ何が大事で何を伝えていきたいのか

今は言葉で出し切ることはできないけど

会社やその事業を中心に、これから僕らが

生み出していくもので示していければと思う。

 

 

 


何かと慌しい4月


 

毎年何かと4月は慌しい。

 

スーベには8名の新入社員が入社し、

3日には昨年と同様にウチには珍しく

全員がフォーマルな装いを強いられる

入社パーティーが晴れやかに開催され、

そんなムードに浮かれる間もなく、

明日は次の新卒の会社説明会があり、

今週末には京都タワーサンドの新店が

オープン、その2週間後に今度は

成田空港に新店がオープン。

と並行しながら、社内的には今期の方針と

新しいプロジェクトの概要を落とし込み、

担当者と始動に当たっての打ち合わせを重ね、

と同時に、本当にこの体制で全てのことが

実行に移せるかの検証と次の組織ステージに

向けての採用方法を模索し、

と他では、なぜか息子の小学校のPTA役員を

お引き受けすることになり、やるからには

しっかりと役割を果たさねばと自分を律し、

そんな4月の日々を奮闘しています。

 

でもこうやって改めて書き上げてみると

そんな「慌しい〜」とかアピールすることでも

ないですが、もうここまで書いてしまったので

一応残しておきます。

 

 


鯖サンド


 

鯖×パンの意外な組み合わせ。

これが本当に美味しい。


 

とある和食店の「鯖サンド」。

 

ウチが提供しているビジネスも

こういう姿で支持されたらいいなあと。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode