強者の壁



最近、久しぶりに仕事以外で熱中している
錦織選手のテニス応援テレビ観戦。
ATPツアーを全網羅するためにGAORA
まで、しっかり加入したほどです。

ツアーの試合を追って見れば見るほど
世界トップクラスの壁の高さを実感
せざるを得ません。
昨年の活躍からすると、この時期には
マスターズ1000のタイトルを一つくらい
は取れているだろうと思っていましたが、
昨日のジョコビッチやマレーなど、
ことごとく強者の壁に跳ね返されて
しまっています。

強者の壁は高く、そう甘くないのです。

これはビジネスでも同じで、
つくづく実感して、やりきれない思い
をすることが多々あります。

いくら自分たちが以前に比べて力を
つけてきたといっても、どのフィールド
にも今は歯が立たない強者が存在します。

特に新しい事業を立ち上げ、参入して
すぐは、まざまざと差を見せつけられ、
立ち上がれないほどの挫折感を味わう
こともあります。

ただ、というような経験を乗り越えて
こそその先に、強者の仲間入りが
待っている
のだと思います。

ほとんどのビジネスでは強者にならずに
成功を収めることは難しいです。
が、あくまでも選択したフィールドの
強者になればいいわけですから
乗り越えられそうかどうか、壁の高さを
あらかじめ測っているつもりです。

それでもいざ参入すると、予想以上に
強者の壁は高かったりするものです。

ウチが展開している事業の中には、
すでに強者の仲間入りを果たしている
ものも、中には既に存在しているかも
しれませんが、まだまだ壁すら見えて
いないものもあるのが実情です。

事業展開するどのフィールドにおいても、
強者の壁に並び、そして越えていけるよう
力強く戦っていくつもりです。


僕のその活力にもなりえる、
錦織選手の活躍を期待しています!



 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode