苦境で見えてくるもの


 

何十年も当たり前にあったものが

急になくなったりすると、とんでもなく

つらく、また面倒なことです。

 

その当たり前にあったもののおかげで

成り立っていた日常が一変し、

そしてその後はとても不便な非日常が

始まることになります。

 

大げさに言うと、地獄に突き落とされた

ような苦境の日々です。

 

でもその苦境だからこそ、今までは

見えなかった、感じれなかったもの

があることを改めて実感しました。

 

人間、変わらない環境に安住していたら

視野は広がりませんね。

 

でももうすぐその当たり前にあったものが

戻ってきます。

 

苦しかったけど、有意義でもあった

非日常の日々ともお別れです。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode