日本人の美徳


 

テニスの4大大会の一つ全米オープンで

大坂なおみ選手が、優勝しました。

 

数年前に彗星のごとく現れた大坂選手の

パワーテニスと身に纏うオーラを見れば、

いずれ女王に就くであろうことは

本気でテニスをしていた人間であれば

誰でも想像が出来ると思うのですが、

まさかこんなに早くとは、、驚きです。

 

この5年間、錦織選手のグランドスラム

制覇を夢見続けてきたのですが、

やっぱり女性の時代なんですかね、、、

これからも勝手に応援し続けますので、

絶対後に続いて勝ち取って欲しいです。

強く願っています。

 

大坂選手が優勝したことは言うまでもなく

めちゃくちゃ嬉しかったのですが、

試合後の大阪選手の立ち振る舞いを見て

今年一番心を揺さぶられました。

 

今朝の決勝戦の内容、起こったことは

色々ネットニュースで流れてますので

ここでは書きませんが、

 

大観衆の大ブーイングを耐え忍ぶ姿、

試合終了後すぐにセリーナにお辞儀を

しながら感謝を述べる姿、

優勝スピーチで、何も悪くないのに

またもや頭を下げて観客に謝罪をする姿、

大好きなセリーナを思いやり、何も

気付かなかった振りをするコメント、

 

それらに触れて、涙が溢れてきました。

 

礼儀、忍耐、謙虚、思いやり、機転、

全てが今は失われつつある日本人の美徳

と言われてきたことばかりじゃないかと。

 

3歳からアメリカに移住し、日本の環境や

文化に長く接していない、わずか20歳の

女の子に、こんなにも気付かされることが

あるのかと気恥ずかしく思います。

 

日本人らしさって何なんやろ?

時代の価値観とかいう安っぽい言葉で

片付けて見ないふりしていっていいのか。

 

僕は自分を見直すいい機会として、

これからの生き方に何か少しでも

活かしていきたいと思えました。

 

未来の日本を創り、背負っていく

ミレニアル世代と呼ばれる若者たちも

何か感じ取ってくれたらいいなあと。

 

もう一つ、声を大にして言いたいことが。

 

大坂選手は、幼少期からアメリカ在住で、

日本とアメリカの両国籍を持っています。

日本語も上手くしゃべれませんし、

お父さんはハイチ系アメリカ人です。

にも関わらず、テニスでは日本国籍を選択

してくれているのです。

(もちろんビジネス上の理由も大きいとは思います)

 

なのに、

錦織選手が全米の決勝に進出した時には

発行された新聞の号外は出ないのか、

総理官邸からは何のコメントもないのか、

今日が日曜であること、また北海道地震

への配慮を考えても、明日も何もないので

あれば強い憤りを感じます。

 

競技人口や関心の度合いが違うとはいえ、

サッカーW杯で日本が優勝するくらいの

とんでもない出来事で、日本人に

大きな元気をくれるニュースですよ。

まあ、テニス贔屓が相当入っていること

は認めますが。

 

ビジネス絡みだけで騒ぐのではなく

もっと本質的なところで、国やマスコミは

サポートしてほしいです。

これもグローバリゼーションの一つでしょう。

 

大坂選手はあと2年以内にどちらかの国籍を

選択することになるのですが、

「日本の大坂なおみ」じゃなくなって

しまわないか心配です。

 

久しぶりのブログで長々と書きましたが

とにかく、大坂選手、多くの感動と気付き

をありがとうございました。

 

会社も9月から下期がスタートしています。

なおみエキスプレス(修造語)のように

僕たちも負けずに突っ走ります!

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode