レトロという言葉


レトロという言葉の持つイメージを統一するのに苦労しています。

レトロの本来の意味は、懐古的であること。昔のものや古いものが好きなこと。
でもイメージに置き換えると、かなり広がっていきます。

色使いが鮮やかで、大胆な花柄などの日本古来の友禅柄
竹久夢二が代表的な「大正ロマン」
50-60年代のアメリカのポップなプリント柄
ゆるくてかわいい昔のヨーロピアンテイスト

どれもレトロで、とらえ方は人によって様々です。
商品の企画ミーティングで、「レトロ感が足りない、違う」とか言っても、ちゃんと伝わらない。
だからデザインに関しては、言葉ではない違う方法をとるべきなのでしょう。

ただ、レトロという言葉の意味は、共通でしっかりと認識しておく必要があります。
昔を懐かしみ、大事に思い、そして好きなこと。
共感できなければ、ウチの会社で働いていても面白くないからです。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode