沖縄遠征


沖縄遠征から戻りました。

にっぽんCHACHACHAと
Souvenir Gallary の2店同時オープン。
3年目以下の社員たちだけで、その全てを
取り仕切りオープンさせたのですが、
まあ細かい詰めの甘さはあるにせよ、
よくやったと思います。

僕や上の人間がほぼノータッチで
ここまで任せたのは初めてのことで、
会社の人材層の厚みを更に増すための
いい機会になったはずです。

今後は、楽しさや意気込みだけでなく、
本質的な責任や重圧を実感できるように
なれば、もう一皮むけてくるでしょう。

また今回僕にとって意義深かったのは、
紅型、やちむん、琉球ガラスなど
地元工芸のものづくりの現場を訪れ、
ちゃんと空気に触れられたこと。
僕たちが関わる難しさも実感しましたが
やることを絞り込めば、双方楽しく
有意義な取り組みの可能性を感じました。


にっぽんCHACHACHAには欠かせない
東京わにデパートさん作「シーサー」



函館、浅草と同様に、観光客写真撮影の
人気スポットです。

ちなみに、
夜は京都から遠征の女子5人を連れて、
地元の名店ジャッキーステーキハウスへ。



テンダーロイン300gを全員ペロリ。
若さは凄い。まあ、僕も食べましたけど。



 

そらみせ



「そらみせ」開店しました。
中部国際空港セントレアに1号店です。





初の空港業態ということで、
店装、グラフィック気合が入ってます。
アートディレクションはドラフトさん
店舗については、初めて五十嵐さん
ご一緒させていただきました。

今さらながら、皆さん「さすがだなぁ」
と、感服いたします。
僕の想像の3歩先、いや、はるか先?
のカタチを見せていただける、
これが一流たる所以なんだと思います。

さあ、どこまで飛躍できるか、
はウチ次第です。頑張りましょう。




 

新入社員



本日、スーベニールに8名の新入社員が
入社いたしました。祝!

今までの最大人数ということもあり、
一気に増えた感は大きく、迎え入れる社内
も朝から慌しい空気に包まれていました。

僕からは、「絶対活躍してくださいね」
というシンプルな言葉を贈りました。
個々人がそれぞれの持ち場で、名実ともに
活躍してくれれば、新しい挑戦も含め
カバーできる領域は大幅に広がります。

早速、初日からの研修においても、
僕相手に、本質的できわどい質問も飛ぶ
あたり、期待感を抱かせてくれる面々。
きっと活躍はかたいでしょうが、まずは
素直に、全力で事に当たっていってほしい
と思います。

夜のホテルでの歓迎パーティーにて、
新入社員のみんなと。





 

新年度のスタート



明日より、伊と忠67期、スーベ5期の
新年度がスタートします。

伊と忠については、商環境の好転は
見込みにくい状況下ではありますが、
地力が付いてきた若手社員を中心に
引き続き時間をかけて、ブランド価値の
追求を軸とする事業運営
に舵をきっていく
スタンスに変わりはありません。

スーベの5期は、今までにないスピードで
ハード・販売チャネルとソフト・商品の
両面からおみやげ事業の充実を進めます。

詳細は都度リリースしていきますが、
まず3〜5月、おみやげ需要のある観光地
を中心に、複数の新店を出店します。
並行して、地域の新しいおみやげを開発、
卸売を軸に既存のおみやげ店さんとの
繋がりも深めていきたいと考えています。
また、新業態ブランドの立ち上げも
予定しています。

いつも通り、慌しい新年度となりますが、
楽しみながらやっていきましょう。

僕は早速明日から、3都市めぐりの
出張に行ってきます。



 

モザイク通り



2年ぶりに、新宿ミロードさんの
モザイク通りに帰ってきました!



小さなお店で、ポップアップストアでは
ありますが、懐かしく、嬉しく。
「にっぽんCHACHACHA」です。






10年前、京都のひっそりとした通りで
オープンしたものの売上も上がらず
事業廃止の危機に陥っていた
「カランコロン京都」を、新宿の一等地
に誘致くださったのがミロードさん。

それがなければ、今のスーベニールは
存在しなかったかもしれません。

ビジネスですので、ずっとお付き合いを
と、そんな簡単なものではありませんが、
僕がこの感謝の気持ちを忘れることは
絶対にないでしょう。

すばらしいご縁に、改めて感謝です!



 

昨日のブログ



昨日の全豪オープン準々決勝、
対ジョコビッチ戦での錦織選手の完敗が
あまりに悔しくて切なくて、思わず
敗戦直後に書いたブログでした。

別に仕事で思い悩んでいるわけでは
ないので、安心してください。

頑張れ、錦織。
グランドスラムとるまで(とっても)
信じて応援し続けます。



 

ジレンマ



普段通りではおそらく勝てない。

ということは、ある程度無理をする
覚悟をきめないといけない。

が、無理をすると結果気負ってしまう。

気負ってしまうと、普段通りの実力
すら出せなくなってしまう。

そして、結局やっぱり勝てない。

じゃー、どうしたらええねん!

ビジネスでも、このようなジレンマを
ストレスに感じていた時期があります。

そして、まだ答えは見つかってません。

ただ、気負わなくはなりました。
でも、無理(挑戦)もやめてません。
もちろん諦めることもしません。

きっと、いつか勝てる!

そう信じて、これからも頑張りますか。



 

新年の思い



明けましておめでとうございます。
2016年がスタートいたしました。

今年の取り組み。

 ‖里離灰鵐妊ションを整える
  (おそらくジム通いを始める)
◆ー駄害霪レベルの仕事を30%減らす
 まだ見ぬ土地・場所を訪れる
ぁ/佑箸慮鯲機会を増やす
ァ.ぅ薀ぅ薺ぜ舛魘卜詫泙┐
Α,發少しハジけてみる


本年もどうぞよろしくお願いします。



 

2015大晦日



恒例、今年の振り返り...なんですが、
昨年の大晦日ブログを読み返して
「なんかくどいなあ」と感じたので
それを踏まえまして。

おかげさまで、順調な1年でした。
昨年も納得の1年でしたが、今年は
それ以上の結果が出せました。

伊と忠は創業120周年、
スーベはカランコロン京都が10周年、
それぞれ節目の年を迎えられたことも
嬉しく思います。

今年の最後に、今の心持ちを。

入社して15年、41歳。
少し立ち止まって落ち着こうか
という気持ちも正直ない訳でもない
でもどうせ我慢できなくなる
あれもやりたい、これもやってみたい
やっぱり新しい挑戦を続けたい
それを許される状況がある限り


毎年の新しい1歩があるからこそ、
今の私たちがあるのです。

ということで、来年も走り続けます。

こんなことが言ってられるのも、
多方面でご支援いただいているお取引先様
私たちに仕事の喜びを教えてくださって
いる多くのお客さまのおかげです。

今年も大変お世話になりまして、
ありがとうございました。
心から感謝いたします。

そしてこんな僕に付き合ってくれている
社員の皆さん、今年もご苦労さまでした。
無限の可能性を信じて、また来年
新しい1歩を共に踏み出しましょう。


それではみなさま、よいお年を。

2015年 大晦日

株式会社伊と忠
スーベニール株式会社
代表取締役 伊藤 忠弘




 

年末に向けて頭の棚卸し中


先日10日に、ららぽーと立川立飛での
Natty'sオープンで出店も一段落、
先週末に2社の四半期総括会議も終え、
現状把握と来年の方針、取り組み内容を
共有しました。

特にスーベは年明けからも数々の案件が
目白押しで、社員たちは息つく暇もない
日々が続いていくなか、頭の棚卸しどころ
ではないというのが実情でしょう。

ただ、現状表に出てきていない可能性や
リスクを見つけ出す
のが僕の役割で、
そのためには頭をクリアにしておく
必要があります。

すっきりした清清しい状態で、大晦日
そして元旦を迎えたいものです。


 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode