SOUVENIR京都


30日、プレオープンしました。









個人的には、ウチの店舗の中でも
一番潔く、カッコよくできたのではと。

名前のとおり、スーベニールという法人の
コンセプトショップ的位置づけです。

なぜ、プレオープンなのかと言いますと、
それは、まだ未完成だからです。

今はまだ明かせませんが、
店の更に奥に秘密があります。
全て完成してからリリースいたします
ので、しばしお待ちを。
今のところ、6月中旬を予定しています。




会社説明会スタート



本日、スーベニールの2015年度新卒
採用、第1回目の会社説明会があり、
多くの学生さんにご参加いただきました。



8年前に本格的にスタートした新卒採用。
慣れてきたこともあり、きちんと要点を
押さえて運営できていると思います。
僕も冒頭20分ほど話をして、スーベが
大事にしている概念を伝えました。

まあでも、常務の塩崎のはじけっぷりは
さすがで、滑るのもお構いなしに攻めて
いく姿勢に、感心しました。

新卒採用は、学生さんだけでなく、実は
ウチの社員にとっても非常にためになる
活動です。大勢の前で話す機会はそうそう
あるものではなく、どちらかというと苦手な
タイプの人が多いような気がするので、
この機会に場慣れしていってほしいです。

まだ明日も説明会は続きます。
来年、どんな人材が仲間に加わるのか、
今後の採用が楽しみです。



ぼんちのみやげ


本日、「ぼんちのみやげ」が京都四条に

オープンいたしました。


今までのうちのタイプの店とは全く違い

京都の土産店ではなく、日本の土産店

コンセプトにつくったお店です。




日本各地の民芸品・食品も多く揃います。




日本のものづくりとおみやげを結びつける

「おみやげ活性化プロジェクト」の

テストマーケティング店でもある

重要な役割のお店です。


準備期間が非常に短かったこともあり、

何とかオープンしたという段階ですが

今後、各地の地場産業との取り組みを

深めながら、新しいスタイルの土産店

として魅力を高めていきたいと思います。





念願の京都駅


7日、ついに京都駅八条口アスティロード

にカランコロン京都がオープンしました。
 

今までの約3倍の幅がある市松の暖簾。

いつかこれがしたいと思っていたので、

オープンしてシャッターが開いた瞬間は

感無量でした。





 

照明は京和傘の老舗日吉屋さんの別注。


 

店内には「ぽっちり」のコーナーも。
 



オープンしてまだ2日ですが、想像以上の
滑り出しに正直驚いています。

2005年に、現在の常務の塩崎と2人で
スタートしたカランコロン京都が、多くの
メンバーを巻き込み、このすばらしい
店舗を開くに至ったことを、
本当に嬉しく誇りに思います。

開店に当たりましては、多くの方々から
力強いご支援を賜りましたこと、
心から感謝申し上げます。

今後も京都の玄関口としてふさわしい
店舗であり続けるべく、しっかりと
向き合っていきたいと思います。



 


おみやげブース


昨日より始まりました東京ギフトショー、
かなりの突貫ながらも、今までとは少し
違う「おみやげ観」の見せ方ができている
のではないかと思います。



日本各地のお土産店及び観光業界の皆様
との繋がりをしっかりとつくり、
「日本のおみやげをもり上げる」ための
熱い取り組みが一つでも多く出来ること
を願っております。

また昨日他ブースも回り、改めて
日本のものづくりの奥深さと力強さ
を実感しました。
この価値とパワーをおみやげと結びつけ
発信することの意義を再確認できた
ことで、更にモチベーション高く
今後の取り組みを行っていけそうです。

案件山積みですが、頑張りましょう!


 

合宿


明日よりスーベニールのコアメンバー
による初の一泊合宿を行います。

大きな舵を切るにあたり、
方針の深い理解と共有をはかると共に、
個々の役割とタスクリミットを明確化し
終わった後全員が一気に走り出すための
非常に重要な2日間となります。

設立してからまだ1年ちょっとですが、
第2の転機となり得るような
中身の濃い合宿にするつもりです。

覚悟をもって臨んできます。



MD職募集


本日より、スーベニールでMD職の
中途採用がスタートしています。

詳細と応募はこちらから↓
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-131252-4-1-1/?ty=0

この1年の新しい動きの中で、
「戦略と機会があるのに、活かしきれていない」
ジレンマに悩まされてきました。
ディレクター的役割を果たすべき人材の
明らかな不足が主な原因と考えています。

そこで、まずは商品戦略のキーマンと
いえるMD職を募します。
責任は伴いますが、楽しくやりがいの
あるポジションと仕事内容です。

興味のある方は是非ご応募ください。



引越し


今週末スーベニールの本社を引越すこと
になりました。場所は、以前からこの辺りが
最高なのにと考えていた、三条堺町下ル、
イノダコーヒ本店の向かいのビルです。

伊と忠本社の一角5坪くらいのスペースから
始まり、お隣の20坪を借りるもすぐ手狭に
なり、伊と忠から離れた烏丸五条のビルに
引越して3年強、また近くに戻ってきました。

今まで3フロアに分かれて行っていた業務
が1フロアで完結できるため、かなり効率
は上がるはずですし、伊と忠から徒歩
3分の場所で、私の行き来の時間も大幅
に短縮することができます。

引越しを契機に自分をリフレッシュして、
益々個々人の活動を充実させてくれる
ことを願っています。

ちなみに私は、仕事をサボって
イノダコーヒに行き過ぎないように
と、
社員のみならず1年生の息子にまで
注意を受けているので、気をつけます。



設立記念日


本日8月1日で、スーベニールが
会社設立1周年を迎えました。
全体朝礼を行い、一言ずつ思いのたけを
それぞれ発表したのですが、みんな
グッとくるなかなかいいことを言います。

まだ1年なので、設立時にいたスタッフが
多いということもあり、設立からの思いや
1周年を迎えられた喜びを心から感じて
いる言葉が本当に伝わってきました。

これから新しいスタッフが増えていっても
この思いが薄まることなく受け継がれ、
これから限りなく続くはずの設立記念日
をみんなで喜び合えるような会社で
ありたいと強く感じた1日でした。



産寧坂のカランコロン


10日、清水産寧坂にカランコロン京都を開店いたしました。



店内は無垢材と白壁ですっきりと品良くまとめられています。
ティーズデザインの伊藤さん、お世話になりました。





カウンターバックには、おなじみの市松グラフィック。
ドラフトさん、田中さん、いつもタイトなスケジュールすみません。



カランコロンの清水出店は念願でもあり、非常に嬉しく思っています。
石畳の続く産寧坂は、ブランドコンセプトでもある
下駄のカラン、コロンという音がぴったりとマッチする場所です。

京都は暑さもピークに近づいてきましたので、
ぜひ浴衣に下駄で、カランコロンと涼やかに軽やかに
お越しいただければ幸いです。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode