偶然にも


今日、KBS京都さんの「京都ふらり」という番組で、取材していただきました。
京都府スポンサーのまじめな広報番組で、
京都老舗の新しい挑戦ということで取り上げていただいたようです。

前日に台本を見て、おっ。
お店に来ていただいて一緒にトークするのが、
二人ともよくよくの知り合いという偶然。

未生流笹岡家元の隆甫さんと、タレントの岩崎絵美さん。
隆甫さんは幼馴染、絵美さんは学生時代の友人です。

dot・dot清水店での撮影。





旧知の仲ということもあり、楽しくお話させていただきました。

学生時代のアホな私をよく知っている岩崎さんからは、
「イトチュー(友人たちからの呼び名)しっかりしたなー」
と、お褒め?をいただきました。

少しは成長が認められた私も一応含め、
同世代がそれぞれの分野で活躍していることを実感でき、嬉しく思います。



dot dot みなとみらい


マークイズみなとみらいにオープンしました。





今回僕はほぼノータッチでしたので、
初めて見て「ほー」という感じでした。

うちで靴や帽子を扱うのはこの店だけで、
デイリーマーケットにおいての
新境地の一歩を踏み出してくれたと思います。

ただ今後の業態確立のためには、
ここからの試行錯誤が大事ですので、
スタッフ一同気合を入れて頑張りましょう。



dot・dot KYOTO


20日、新業態「dot・dot KYOTO」がオープンいたしました。



dot(水玉)のオリジナル商品を中心に構成しております。





ウチの店舗で坪庭があるのはココだけです。



並びでみるとこんな感じになります。
一見普通の町家(おうち)のようで、入店を心配していたのですが、
昨日は多くのお客さまにご来店いただき、一安心しました。



dot・dotブランドのコンセプトショップとして、じっくり育てていきたいと思います。



SOUVENIR days その2


前回ブログの続きで、SOUVENIR daysご紹介します。

今回の展示会、実は2014新卒採用の説明会も兼ねていました。
学生さんには言葉による説明と理解だけでなく、
商品やブランドを通じて会社を感じてもらうことが何より大切だと思い、
急遽、会社説明会と合体させることにしました。
3日間で多くの学生さんに来場いただきまして、これから選考が始まるわけですが、
何かの琴線に触れた方がどれくらいいたのか楽しみです。

ということもあり、伊と忠もしっかり展示いたしました。



全体の割合からすると10%にも満たないスペースですが、パワーがあり、
歴史の積み重ねからくる重厚な価値を改めて実感しました。


がまぐちブランド「ぽっちり」のブース。
店舗も好調で安定感があり、業績・イメージを良い方向へ牽引してくれているブランドです。




続いては、新ブランド「dot・dot」のコーナー。



イギリスのアンティーク家具をお借りして、世界観を表現しています。
これも「京都」だと僕たちは考えています。


まだ商品が完全に揃ってませんが、新ブランド「てふてふ」も展示。




そして、土曜日に行ったトークショーの模様。



予想以上に多くの方にお越しいただきました。
笹岡さん、鈴鹿さん、本当にありがとうございました。

展示会全体を俯瞰してみると、こんな感じになります。



反省点も多少ありますが、スタッフ一同よくやってくれたと思います。
今回の展示会がどのような効果をもたらすか未知数ではありますが、
少なくとも関わった全員が達成感を共有できたことは間違いないはずです。

あとはそれぞれのブランド個々に磨きをかけ、発展させ、
同時に繋ぎ合わせながら、会社の成長につなげていかなくてはいけません。
改めて、そこへ向かうスタートを実感できたのではないでしょうか。

最後に搬出を終えての一枚。



社長抜きで撮ってしまうのはどういうこと?びっくりです。



SOUNENIR days その1


遅くなってしまいましたが、7−9日に開催した
「SOUVENIR days」の様子を一部ご紹介いたします。
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

文化博物館の入口には、DRAFTさん作成のポスター。



入ってすぐの場所には、未生流笹岡御家元の笹岡隆甫さんに
今回のテーマに合わせて活けていただきました。
(右:本桜とアンスリューム 左:藤と照葉つばき)



今回ご協力いただいた聖護院八ッ橋総本店さんの新ブランド「nikiniki」
全部八ッ橋で出来ています。カワイイと大評判でした。




カランコロン京都の展示ブース。格子の造作も結構本格的です。







新ブランド「ハンカチベーカリー」のコーナー。
簡易ですが、ベーカリー風に仕上げています。







こちらは絵本作家堀川波さんプロデュースのベビーライン「naminami」



実際に商品を買っていただける「SOUVENIR shop」のコーナー。
一般のお客様も多かったので、結構賑わいました。



手作り感もありながらですが、結構いい感じに仕上がったのでは、と思っています。

(つづく)



ぽっちり365 OPEN


3月の新店オープン第3弾、
「ぽっちり365」が大阪梅田阪神百貨店1Fに本日オープンしました!



什器は落ち着いたグレーの色調で統一。



「ぽっちり」との違いは、がまぐちだけでなくバッグを展開していたり、
シーズンに沿った服飾系小物をコーディネートしていく予定です。
よりデイリーな需要に応えていける店を目指します。

さあ、そして明日からはいよいよ「SOUVENIR days」が始まります。
これが終わると、ちょっと一息・・・ いや、あともう1店舗ありました・・・



SOUVENIR days in kyoto


新会社スーベニールのお披露目も兼ねまして、
3月7日〜9日に展示会を開催いたします。



既存の主力ブランドである「カランコロン京都」「ぽっちり」、
この3月にデビューしたての「ハンカチベーカリー」「てふてふ」、
まもなく店舗オープン予定の「dot・dot」、
スーベニールで展開するブランドのオールラインナップが揃います。

また初めての記念ということで、9日にはトークショーを予定しておりまして、
ゲストには、未生流笹岡家元の笹岡隆甫さん、
聖護院八ッ橋総本店専務取締役の鈴鹿可奈子さんをお迎えして、
京都のことを中心にいろいろお話できればと思っています。

どなたでも入場いただけますので、お気軽にお越しください。

日時: 3月7日(木)〜9日(土) 10:00〜18:00(9日は17:00まで)
トークショー: 3月9日(土) 14:00〜15:00
場所: 京都文化博物館 別館ホール



ハンカチベーカリー


3月1日、北千住ルミネ6階にオープンしました!

ロゴなどアートディレクションはDRAFTさん、店舗は真喜志さん、
ぽっちり」の時と同じチームでお願いしています。
相変わらず、適確でワクワクするレールを敷いていただきました。





3坪強の小さなお店ですが、約250種類のハンカチが並びます。





仙台出張帰りの1日夜にやっと店を見ることができ、
概ねイメージどおりではありますが、商品の陳列などで、
コンセプトでもあるベーカリー感の演出がまだまだ必要かと思いました。

なにぶん初めての業態ですので、課題は山積みです。
ぽっちりの時は満足度60%と書きましたが、
今回は満足度40%といったところでしょうか。

ただその分、伸びしろの幅は大きく、リターンも期待できるはずです。
じっくりと日本一のハンカチ専門店に育て上げていきたいと思います。



rooms


本日より初のrooms出展しています。





今までとは違う新しい取り組みですので、
どんなリアクションがあるのか、
不安でもあり、楽しみでもあります。



リリースラッシュ


いよいよ2月より、スーベニールから多くのことがリリースされていきます。
今までの経験にない量とバリエーションを短期間に同時進行で動かし
何とかリリースできるまで漕ぎつけた(ている)という感じです。
1月は私もほとんどの時間を、立ち上げの1プレーヤーとして費やしました。

内容は新年のブログでも少し触れましたが、そこから少し(?)増え、
2月下旬には2つの新ブランドで2つの新店を開店し、
3月上旬にもまた違う新ブランドと新業態で、2つの新店を開店します。
内容は、今月の中旬に予定している全面リニューアル予定の
ホームページ上でお知らせいたします。

また今年度より、オープンな新卒採用(2014年度卒)を2年ぶりに再開します。
これも中旬より採用エントリーページが立ち上がります。

正直、あまりにも同時に重なりすぎたという感覚があるのも事実ですが、
その場の思いつきで軽く動かしているものではなく、
以前からストックしてきた事業・ブランドアイデアを
形に出来るよいチャンスが重なり合って巡ってきた
ということです。

機動力や物理的時間の制約の中で、全てのものを万全の状態で
リリースという訳にはいきませんが、残り少ない時間であっても
出来る限り詰め切ることに全力を注がなければいけません。

どこまで妥協せずに詰められるかが、最後のクオリティに大きく影響します。
失敗したり、大した成功を収められないものは、
スタート時の方向性が端からずれている場合も多いですが、
詰めの甘さによって平凡なもので終わっているケースも多く見受けられます。

走り続けているスタッフたちは、体も頭も疲労困憊だとは思いますが、
最後「これでよし」と自分たちが最低限納得できる状態までは
時間の許す限り詰めきる姿勢を崩さず頑張って欲しいと思いますし、
私も妥協せず叱咤激励しながら、プレイヤーとして動いていくつもりです。

もう一分張りが出来るか否かで、アウトプットの質と伝わり方が
だいぶ変わることが想像できたので、自分を奮起させる意味でも
今の心境をブログに落としてみました。




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

profile

性別:男性
誕生日:1974年6月17日
血液型:B型
出身地:京都府
自己紹介:
伊と忠・スーベニールの社長です。
よろしくお願いします。

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode